トップ >> キリスト教の葬儀について

葬儀とキリスト教について

キリスト教の葬儀に参列された経験がある方がいるでしょうか?キリスト教は、世界における信者数がかなり多く、すべての宗教の中で最も多いとされています。キリスト教は、さまざまな数派に分かれています。一般的な数派では、信者はどこかの特定の教会に所属しています。また、教会の規模はさまざまです。しかしながら、日本では仏教徒が多く、キリスト教の信徒数は少数派になっています。そのため、キリスト教での葬儀というのは、日本では馴染みがほとんどなく、数も少ないのではないでしょうか。いざという時のため、一度、キリスト教の葬儀についてのマナーを学んでおくのもいいかもしれません。

キリスト教の葬儀とは

キリスト教での葬儀の流れをご存知でしょうか?まず、大きく違うところは、キリスト教では焼香はありません。その代わりに何を行うのでしょう。それは、献花です。また、キリスト教では、死を悲しいものとは考えません。神のみもとのに召されることを祝福するのです。そのため、遺影やご遺体に手を合わせたり、拝んだりはしません。よく日本の葬儀では、「このたびはご愁傷様です」「ご冥福をお祈りします」という言葉を用いますが、これも用いてはいけません。一般的には「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」というのがよいです。しかし、日本人の宗教観では、このことを理解することが難しいのではないでしょうか。そのため、日本ではほとんどが仏教式で行われています。

葬儀の意味合い情報