トップ >> 霊園選びのポイントとは

大阪の霊園で自分らしく安らかに

近年、大阪では霊園のイメージが大きく変わりつつあります。最近ではメモリアルパークと呼ばれる所も多く、緑に囲まれ明るい雰囲気の所もあります。中も核家族化の影響もあり、○○家の為の代々のお墓よりも、故人を手厚く弔いたいという気持ちが大きく表れています。宗派の垣根がなく、墓石も様々な形のものや、様々な言葉が刻まれるようになものが多く置かれています。博愛、幸福、感謝といった言葉や、ボーリングがこよなく好きだったからと墓石をボーリングの玉に見立てたものもあります。思いを形にできる霊園が大阪にはたくさんあります。

お墓には良い墓石を使いましょう

出来るだけ立派なお墓を建ててもらうことを希望している高齢者が多いです。それだけ神聖なものなので、墓に使う石には気を遣う必要があります。墓を作りはじめたのは平安時代です。この風習が開始した当初は、石を単純に置いてあるだけのお墓が多かったです。その墓石に故人の苗字などを刻んでいたそうです。例えば、砂岩は加工がしやすく、名前を刻みやすいです。耐久性も有るので、経年劣化しないのが特徴の一つです。水分が入り込んで膨張するので、その点だけは注意が必要です。墓石の加工には石工のノウハウや技術が必須です。

葬儀の意味合い情報