葬儀の歴史について知ろう

葬儀がいつから始まったのか考えたことのある人はいるでしょうか?葬儀とは、人が亡くなった時に、人の死を弔うために行う儀式です。人間は動物の中で唯一、死者を埋葬する生き物だと言われています。その歴史は古く、深い関係がある宗教が登場する前から、人を埋葬した痕跡が見つかっています。宗教が登場してからは、それぞれの宗教における死生観によって、様式もさまざまなものとなりました。現在では、宗教と葬儀は切っても切れない関係になっています。しかしながら、最近では、時代の流れとともに宗教にこだわらない形も出てくるようになりつつあります。

現在の葬儀の特徴について

日本における葬儀では、まず前夜祭の形態として通夜が行われます。これは、故人と親しかった人たちが一晩中、夜明けまで故人に付き添い、線香の火を絶やさないようにしなければなりません。通夜では、弔問客に飲食をふるまい、故人の思い出を語り合う席にもなります。まずお坊さんの読経が始まり、まず、遺族、親族である人たちが焼香を済ませます。その後、一般参列者の焼香が行われます。葬儀は故人のためだけに行われるわけではなく、残されたものが区切りをつけるための儀式としてでも行われるものです。また、一般的に友引の日は、友を死に引かないように配慮され、この日を避けて行われます。

新着情報

2016-10-19 現代の霊園のイメージが更新されました。
2015-04-17 葬儀に対する思いが追加されました。
2014-03-11 家族葬が増えていますが更新されました。
2013-12-30 家族のための葬儀が更新されました。
2012-11-08 葬儀をあげる必要性が追加されました。

葬儀の意味合い情報


過去の情報一覧